あごニキビを潰す前に解決

あごやフェイスラインはニキビができやすい部分です。
また、手でよくさわる部分なので雑菌がつきやすく、あごニキビは一度できると治りにくく、繰り返す特徴があります。
あごニキビは、デコルテや背中のニキビと異なり、普段の生活でなかなか隠すことができない場所です。

ニキビは潰してしまうと、痕が残ったり色素沈着をしてしまう可能性があります。
繰り返してできるイライラからツイツイ潰してしまうことがないようにしましょう。



あごニキビが出来る原因


あごニキビの原因を把握していると、対策をしっかりと取れます。
まずは、あなたのあごニキビがどうして発症しているのか原因を把握されてみてはいかがでしょうか。

@ストレス・ホルモンバランス
ストレスが溜まったり、ホルモンバランスが崩れると肌のターンオーバーが乱れます。
そうなると、古い角質で毛穴が詰まってしまいニキビの原因となります。
女性の場合は、性周期によってホルモンバランスが変化するため、それによって肌の状態も変わってきます。プロゲステロンというホルモンが皮脂の分泌を活発にします。
一方男性の場合は、男性ホルモンの影響で皮脂の分泌が活発になります。特に男性は、ヒゲを剃りますので、その時に出来た傷からばい菌が入って肌の状態が乱れることがあります。

また、ターンオーバーが乱れ肌のバリヤ機能が低下すると肌が乾燥します。これもニキビの原因となります。

Aファイスラインは乾燥しやすい
あごやフェイスラインは汗をかきにくくなっています。
汗をかかないほうがニキビになりにくいのでは?と思いがちですが、
肌が乾燥すると肌の内側も乾燥してゆき、皮脂の分泌を過剰にしてしまいます。
皮脂の過剰分泌がニキビの原因となります。

B毛穴が小さい
あごやフェイスラインの毛穴は小さいので、皮脂が詰まりやすくなっています。

Cスキンケア不足
あごやフェイスラインは、洗顔や保湿が行き届かないことがある場所です。
洗顔の時に皮脂汚れをしっかり洗えていなかったり、保湿が行き届いていないことはないでしょうか?


あごニキビの対策


体の内側からの対策と外側の対策があります。
上記の原因の対策をしてみてはいかがでしょうか。

@ストレス改善
ホルモンバランスは女性または男性特有の原因がありますので、これを治すというのは難しいと思いますが、ストレスが原因の場合はストレスを軽減してゆくことで、症状を改善することが期待できるのではないでしょうか。規則正しい生活、バランスのとれた食事を摂る、睡眠時間を確保するといった直接スキンケアと関係はありませんが、ストレスを軽減させることができるのではないでしょうか。

Aスキンケアを見直す
あごやフェイスラインの洗顔が十分かチェックしてみましょう。
洗顔が行き届いているか、またはしっかり洗い流せているのかチェックしてみてはいかがでしょうか。
洗顔は毎日していることなので、ツイツイくせで手が行き届いていない所があるかもしれません。
毛穴に詰まった汚れはしっかり洗い流しましょう。

次にあごやフェイスラインのスキンケアは十分なのかチェックしてみましょう。
洗顔後の肌は乾燥します。化粧水で水分を補い乾燥対策をしてみましょう。
顔の中心部分だけでなく、周辺のケアも怠らないようにしましょう。




フェイスラインが綺麗になったねって言われたいですね。